SSブログ

その表現に愛はあるか? 3 [日常の中の表現]

乗客に対して愛はあるのか

かつて通勤に使っていた某電車。お世話になった思い入れもあるので、愛を込めて批判してみたい。ここでの議論は企業を貶めることではなく、デザイナーが何に注目し、何を大切にしているかを知ってもらいたい、ということだ。

IMG_0522.JPGこれは、公共交通機関ではよく目にするマナー啓蒙のポスターだ。コントラストもはっきりしていて、一瞬センスよく見えるかもしれないが、乗客として一時間近くもこの表現を眺めなければいけない同業者(デザイナー)としては、いろいろと突っ込みを入れたくなる。

2つの課題:レイアウトとクオリティ

このポスターへの「突っ込み」の視点は大きくふたつ。ひとつはこのブログでも以前から触れているピクトグラムの質。そしてもう一つはレイアウトつまり画面内の各情報要素の配置方法だ。
 グラフィックソフトのプリミティブ図形を組み合わせた、あまりにもお手軽なピクトグラム表現は論外だろう。利用者の姿をこんな絵にしてしまうとは、失礼にもほどがある・・・と言い出す人もいるに違いない。
 レイアウトを見る限り、グラフィックデザインの心得はあるようだが、内容を活かす表現にまでは到達していない。例えば、ここには3つのメッセージが表示されているのに、一番上の「電話はご遠慮を」しか目に入らない構成になってしまっている。配色も、2色の組み合わせがメッセージの可読性よりも画面のにぎやかさに振られていて、機能的な配色とは言えない。
 ・・・と文句を言っても仕方ないので、私なりの改善案を、勝手に提案してみたい。

3つのメッセージを識別させるためのレイアウト

ちょっと工夫すればグッと見やすくなる

図1のようにこのポスターをトレースしてみると、制作者の考えやスキルがよくわかる(よい作品をトレースしてみるのはとてもいい勉強になりますよ)。作者の批判は目的ではないので、さっそく代案を考えてみたい。
 3つのメッセージの識別性を高めるためには、「近接≒まとまり、グループ化」というレイアウトの手法を使う。
現状の表現を活かすなら、「近接」のルールに基づき、意味のまとまりが明示的に伝わるように、はっきりと要素間の距離を設定する必用がある。図2はその例だ。しかし多少改善されたが、周囲を囲む罫線が強すぎて、3つの塊には見えにくい。
図3は3つのまとまりを強調するために、囲み罫を3つに分割し、要素のグループを明示した。これによってそれぞれのメッセージが対等に見える=視界に入るようになったと思う。その結果、各メッセージのレベルが合っていないことや、ピクトグラムの質の悪さも浮かび上がってくる。
内容のレベルを合わせて表現すると 例えば、まず3つのメッセージのレベルが合っていない。ひとつ目は禁止、残りふたつは推奨的な表現になっている。すべてが「禁止」的な言い回しなら図4のように「禁止」を表すピクトグラムで「繰り返し」という手法が使える(図4)。ただ、「ダメ」「ダメ」「ダメ」という禁止メッセージは受け手を不快にするし、届きにくいのではないかと思う。逆に3つとも「推奨」なら全体にもっとポジティブなイメージを創り出せるだろう(図5:●▲■は仮のイメージ)。
 このように全体構成についての方針がはっきりしていた方が、表現の企画やトーンの方向性も明確になり、作りやすいし、説得力も増すはずだ。

そして本題のピクトグラム
そもそもこの記事を書こうと思ったのは、このピクトグラムを何とかしたい、と思ったからだ。とはいっても、この手のメッセージ表現は至る所で用いられているため、画期的な新しいアイデア、というよりも、同じことをいかに魅力的に表現するか、というアプローチが基本だろう。
では代案。

fig03.png
図6は問題となる行為をピクトグラム化した案。カメラワーク的なフレームを合わせたことと、禁止マークを繰り返し使うことで、全体の強さと説明の詳しさ(粒度)のバランスを取った。
図7も同様な考え方だが、こちらは「あるべき姿」を表現のモチーフにしている。実はこちらのピクト、図6のものに比べて頭部を小さくしている。左右で比べてみると、こんなことでも全体の印象が変わることに気づいてもらえると思う。
ドアに貼られたステッカー図8は某キャラクター企業とのコラボレーション企画。この電車、ドアに挟まれないための注意ステッカーにはあのキャラクターが使われている。このシリーズを徹底的に使う、というのはブランディング的にも充分可能性のある方法だと思う。
※図8のイラストは「あのキャラクターをここに入れたい」という説明を目的に、この記事だけのために描き起こしたものです。サンリオの権利を侵害しようという意図は全くありません。
図9はイラストレーションの効果的な活用を狙った企画。沿線に在住のクリエーター達の発表の場とするなど、展開の可能性を含んでいる。手持ち無沙汰で退屈な車内においては、瞬時に解ってしまうピクトグラムよりも、じっくり眺めてその意図を読み解こうという気になるようなイラスト表現の方が、オーディエンスの心をとらえる可能性があるということに気づいている人は少ないと思う。

さて大切なポイントは、これら4つの案が正解だと言いたいのではなく、このような表現の可能性の中から絞り出された結果として、現状の表現が本当にあるのかを問いたいということだ。一般の人にもそのような視点が育てば、デザイナーの地位やその仕事の質はもっと上がると信じたい。

おまけ

fig05.jpgこれ、あなたならどうしますか?
nice!(0)  トラックバック(0) 

情報をデザインするということ 1 [情報デザイン論]

日常の中のコミュニケーション表現

情報とは誰かが表現したものだ

私たちは日常、様々な情報と接している。それは視点を変えると、誰かが表現によってメッセージやデータを情報化しているということだ。誰かが表現した情報、つまり情報は表現によって生まれる。これが情報社会で生きていくための重要な出発点だ。
 ここでの論点は「だから情報は危険だ、信じるな」ということではなく、誰もが情報を「ちゃんと」表現できる社会を作ろう、ということである。


プロダクトも情報も誰かによって表現されたものだ
 プロダクト製品は、その機能や活用・利用の目的にもとづいてかたちづくられる(表現される)。同じ目的や機能でも、表現の質は様々だ。例えば高級スポーツカーと低価格大衆車が同じ道路を走っている。
 情報も表現である以上、プロダクト製品と同じように、いろいろな意味での「美しいかたち」を追求していくことが可能なはずだ。つまり、情報もデザインすることができる。

情報のどこをどうデザインするのか

fig002.gif
メッセージを誰かに届ける、という流れを上図のように描いてみると、メッセージをかたちにする段階と、できあがったメッセージ表現を相手が受け止め理解する段階に、デザインの必要性があるのがわかるだろう。
 従来のコミュニケーションでは、メッセージをかたちにするデザインはメッセージの作者にゆだねられていた。また、表現の伝達はメディアゆだねがられ、メディアの型にあてはめることがデザインだった。そして解釈・理解は受け手の努力にゆだねられていた。
 情報デザインという視点が意味を持つとすれば、これまでこのように役割分担的にバラバラにデザインされていたコミュニケーションの流れを、一貫性を持ってデザインできる、ということだ。ひとつのメッセージは様々な方法で表現できる。それを受け手に届けるだけでなく、魅力を感じてもらい、受け取ってもらわなければならない。そして読み取るための手がかりの提示や読み取るという体験の魅力化によって、受け手の理解を支援する。結果として受け手が、手に入れたメッセージを活用したり、他の人にも広めるために自らも表現したくなる(表現する)。このような循環を生み出し、コミュニケーション全体のしくみを魅力的で豊かなものにすることが、情報デザインの目的であるといいたい。
 では具体的に情報デザインで何を対象にするか。
 まずは、データやメッセージを情報として形にしていくデザインのプロセス。
 データやメッセージというのは、例えばイベントや事件などの出来事、さらにそこから手続き(フィルタ)を通して集められたさまざまなデータなど、表現になってない状態のさまざまな情報要素を指す。また、既に知識化されていることがらでもそれをなんらかのかたちで表現しないと誰かには伝わらない。このような埋もれている知識というのも表現の対象に挙げられる。さらに、私たちが活動する中で得られる様々な経験や体験の中に埋め込まれた「気付き」や「知恵」も、表現によって誰かに伝わり、理解されるものだ。
 そして、形にされた情報を誰かに届けるフェーズでは、表現されたものとそれを読み解く人との間のやりとり(インタラクション)の方法、その結果手に入れた情報や知識の利活用の方法をどう提供するかが課題だ。
 人の活動全体にわたってその情報のデザインというのが意味を持ってくるとも言える。

 誰もが日常の様々な場面で「情報をデザインする」という意識を持ち、コミュニケーションつまり相手を理解しながら自分の気持ちやメッセージも伝えていくという活動を、日常的に行えるようになったらいいなぁと思う。
nice!(0)  トラックバック(0) 

その表現に愛はあるか? 2 [日常の中の表現]

優先席に座るのは誰?

ここで議論したいのは「優先席」の機能ではなく、あくまでもピクトグラムの表現について。
「Illustrator 初めて使いました」的なレベルはいかがなモノか。
「めんどくせーけど空けといてやるよ」といった物言いに見えないだろうか。
某ローカル線の優先席通勤で毎日見ている優先席マーク
こんなレベルで描かれた本人はさぞ不愉快なのではないか。

ウィーンの地下鉄で使われていた優先席のピクトグラムはとてもステキだ。
PICT0086.JPG
文字がない。絵だけで充分わかる。電車のインテリアの配色も含めて美しい。
(地下鉄の社会的位置づけや利用のされ方はここでは無視ね)
こういうリッチな表現に囲まれた生活で育つ人の感性と、お役所文化の国の感性には月とスッポンくらいの差がある気がした。

ところで、韓国で半年ほど生活してすごいと思ったのは、学生たちがバスや電車の中で高齢者に気がつくとすぐに、さっと立ち上がって席を譲っていたことだ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

その表現に愛はあるか? 1 [日常の中の表現]

表現される側の視点としての障害者マーク

このゴールデンウィークは、雨の高速道路を車で移動していた。パーキングエリアで気になった光景は、どう見ても健常者と思われる人が堂々と障害者専用の駐車スペースに車を止めていたことだ。しかもその近くの一般車用駐車ゾーンでは、雨にぬれながら車椅子をトランクにしまっている人の姿があった。
私自身は今のところ車椅子を使わなくても生活できているが、これまでに1日だけ車椅子のお世話になったことがある。いったん健常者の目線を離れて周囲を見渡してみると、日常のあらゆるものが「健常者らしき人」だけを想定して作られているのに驚く。「できて当たり前じゃん」的な目線は、できない人にはとても辛く悲しい。
上記の高速道路の問題などは、「モラル」の問題以前に、車いすの利用(に限らず障害を持った人の活動)がいかに不便かを全く知らない人にとっては、気にも止めない事柄なのかもしれない。

このような意識を前提に障害者マークをみると、健常者の思い上がりを感じずにいられない。歴史があるマークとはいえ、今の時代には全く合っていないと感じる。このマークに人は乗っているのか。もしこの線の部分が人のシルエットだと言うならあんまりだ。このデザインは車いすの絵で、車いすを利用している人の絵ではない。

某ショッピングセンターの駐車場ある駅のトイレ入り口
最近は写真のように、他のサイン(ピクトグラム)と組み合わせて表記される場合が多い。並んでいる他のピクトグラムの人物表現と、障害者マークを比べてみてほしい。平等に人を扱っているように見えるだろうか。
交通標識の機能は乱暴に分けると「限定」「優先」「可」「禁止」に分けられる。ほとんどの場合これらは絵柄よりも色で分けられている(禁止だけは「×」や「/」の記号で明示)。障害者マークのメッセージは「車いすの 利用者に 限定/優先」と読めなければならないはず。しかるに実際のマークは「車いす(背景がブルーの場合は「OK」)」としか語っていない。もっとメッセージを感じ取れる表現にできないものか。例えば・・・

sketch.gif
(左)せめて人の姿に(中)助けが必要なんです(右)お先にどうぞ、ありがとう

せめてこれくらいの愛情を持ったマークに変えてもらえないものか。
デザイナー川崎和男さんの著書『デザインの極道論』の中に、ご自身の車いす生活をふまえてこの障害者マーク改訂のために戦ったことが書かれている。川崎さんの提案を受けなかった(途中でひっくり返した?)運営側の感性が理解できない。
※もちろんいろいろな事情があるだろうことは想像できるが、ここでは表現に限って批判させていただきます。

公共性が課題になると、すぐに標準化して管理、という方向になってしまい「なぜそうなったのか」という本質の部分が消失してしまいがちだ。これだけ情報化が進み、人々の表現に対するリテラシィも高まっているのだから、ガチガチのルールを作らず柔軟な表現を用いてもそのメッセージを読み取ることはできるはずだ。ピクトグラムの世界にももう少し競争の原理が働き表現を競った方がクオリティも上がってよいと感じる。

財団法人日本障害者リハビリテーション協会/国際シンボルマーク
http://www.jsrpd.jp/static/symbol/index.html

標準案内用図記号:交通エコロジー・モビリティ財団
http://www.ecomo.or.jp/barrierfree/pictogram/picto_top.html


デザインの極道論―「感性の言葉」としての形容詞 (MAC POWER BOOKS)

デザインの極道論―「感性の言葉」としての形容詞 (MAC POWER BOOKS)

  • 作者: 川崎 和男
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本


nice!(0)  トラックバック(0) 

「一義的」と「多義的」 [デザイン用語の基礎知識]

■講演「動的図解表現を用いた情報の視覚化」
シンポジウム「課外授業ー大学最後の学び」 @赤レンガ・ホワイエ
2005/03/06(sun)14:00〜17:30

▼プレゼンテーション
http://homepage.mac.com/gege.bowhouse/050306/

▼質疑応答への補足

Q)説明の中で、文字表現を「一義的」としていたが文字も多義的ではないか。
例えば「青」といったとき、人はいろいろな青をイメージする。

A)まず、視覚表現を「文字」「絵」「図」に分けたのは、分類が目的ではなく
各表現の相互関係を俯瞰するためである。
どのような表現も受け取りかたは自由であり、「青」という言葉から色々な青を想像できるだろう。
ここで文字(ことば)の表現が一義的、というのは
発信者と受信者が一定のルールを共有している、ということである。
例えば、「彼は青が好きだ」ということばの表現は、
彼は青が好きだということを最低限共有することができる。
「彼は青が好きだ」という言葉から「宇宙人が地球を襲撃」という意味を読み取ることは
ほとんどない。(だから広告表現などはこの手を使う)
一方「絵」による表現はどうか。
たとえば「人のシルエット」と「ハートのマーク」と「青い矩形」が表現されていたとしても、
この表現から「彼は青が好きだ」というメッセージを読み取ることは至難の業だ。
「人のシルエット」を誰かに特定できない。
「ハートのマーク」はトランプかもしれないし、心臓を表現しているのかも。
「青い矩形」は色を言いたいのか、矩形ついて語っているのか。
このように「絵」の表現は多義性をもっている。
「図」の世界は、
「文字表現」に全体像を与える、とも、「絵」のディテールを確実なものとする、とも言える。
-----
多摩美術大学 情報デザイン学科 卒業制作展@赤レンガ倉庫
2005/03/04(fri)・05(sat)・06(sun)
http://www.idd.tamabi.ac.jp/gw04/flash.html


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます